コーヒーのイメージ画像

Besso Coffee Beansのこだわり。

あなたの生活をより豊かにする一杯を届けたい。

はじめまして。BESSO COFFEE BEANS オーナーの別曽拓也と申します。岡山でコーヒー豆店を営んでいます。

コーヒーを普段からよく飲むかどうかは人それぞれだと思いますが、大人になってからコーヒーを一度も口にしたことがないという方は珍しいのではないかと思います。
お店のちょっとした待ち時間や、打ち合わせに訪れた先などで出されるものの代表がコーヒーでしょう。
こんなに口にする機会が多いのにコーヒー自体のことはあまり知られてないように思います。

コーヒーのイメージ画像

突然ですが、あなたはどんなときに珈琲を飲みますか?

  • 仲間と集まったとき?
  • お客様を迎えたとき?
  • 朝食とともに?
  • ほっと一息ついたとき?

そんな生活の一瞬が、
私のコーヒーでより素敵なものになればいいなと思います。

喫茶店や缶コーヒーよりもおいしいコーヒーって、案外簡単に飲めるってご存じですか?

コーヒーのイメージ画像

コンビニや喫茶店ではコーヒーを飲むけど、普段家ではコーヒーは飲まないという方に是非知っていただきたいことがあります。

  • 「鮮度の高い豆を使う」
  • 「豆を活かす焙煎」
  • 「品質の高い生豆を使う」

この3つが揃っていれば、本格的なコーヒーマシンや淹れ方をしなくても普通に淹れるだけでとてもおいしいコーヒーを飲むことが出来るのです。

おいしいコーヒーに最も大切なこと。
それは鮮度です。

おいしいコーヒーの条件 その1:鮮度

コーヒーに鮮度?って思うかもしれません。
珈琲は果実だってご存知でしたか?
そう、珈琲はフルーツなんです。だから、鮮度が大切なんですね。

「コーヒーチェリー」というものがあります。その名の通り、サクランボのような綺麗な赤色をしています。コーヒーチェリーの中にある豆が私達が飲んでいるコーヒー豆です。
その豆が美味しく飲める期間は、常温保存すると1 ヶ月程度しかありません。

コーヒー豆の写真

あなたがもし、過去に

  • 飲んだ後胸焼けがする
  • 酸っぱい味がする
  • 冷めたらまずくて飲めない

こんなコーヒーを飲んだことがあるとしたら、それは古くなったコーヒーを飲んだせいかもしれません。スーパーやデパートでは古くなって酸化したコーヒーがそのまま売られているケースがあるのです。

逆に、新鮮なコーヒーだとこんな感じです。

  • 何杯飲んでも胸焼けしない
  • さわやかなおいしい酸味がある
    (酸化した酸っぱさとは違う果実の酸味)
  • 冷めてもおいしく飲める
  • 部屋中に広がるような芳醇な香りがある
  • 砂糖を入れなくてもほのかに甘みを感じる
  • 後口がすっきりしている

新鮮であれば上記のようなスペシャルティコーヒー本来の魅力が楽しんでいただけます。
ですからお客様にお渡しするコーヒー豆は少しでも新鮮なうちにお届けできるよう、焙煎後2日以内発送にこだわっています。
抽出時にフワーッと膨らむ新鮮なコーヒーをお楽しみください。

おいしいコーヒーの条件 その2:焙煎

コーヒー豆を焼く工程を「焙煎」といいます。
コーヒー豆は焙煎することにより、コーヒー独特の魅力的な香りや味が生まれます。
焙煎方法には共通のマニュアルのようなものはなく、焙煎する人間により様々です。

焙煎工程の写真

焙煎方法次第でコーヒーは魅力的なものになったり、パッとしない印象の薄いものになったり、場合によってはひどくまずいものになったりもします。
近年は生豆の品質が向上しているため焙煎技術はそれほど重要ではないというコーヒー屋さん が増えてきていますが、僕はそうは思いません。

焙煎工程の写真同じ銘柄のコーヒー豆を使用していても、店によっておいしいところと、そうではないところが存在します。しかもそれは雲泥の差といっていいほど大きな差です。
素材が同じである以上、味の差は「焙煎技術」の差なのだろうと思います。

つまり生豆の品質が良くても、その良さを最大限に引き出す焙煎がなされていないとせっかくの魅力も半減してしまうということです。
コーヒー農家の皆様の努力の結果、最高品質の素材(生豆)が手に入るようになった今、その良さを最大限に引き出す焙煎をすることが焙煎を仕事にする人間の役割であり、使命であると思っています。

焙煎工程の写真

焙煎工程の写真焙煎を始めたころ毎日が試行錯誤で、仮説検証を繰り返しながら焙煎に没頭していました。
それはもうたくさんの失敗をし、たくさんのコーヒー豆を無駄にしてきました。
当時から今まで焙煎中のデータはすべて数値化して記録しています。
その記録のおかげで今では豆ごとに適した焙煎方法がわかるようになってきました。

その中でも、当店では苦くないコーヒーが得意です。
今まで味わったことのない爽やかで軽やかな味わい。
これがコーヒーなのか!?と感じていただける自信があります。
果実としてのコーヒーをぜひ味わってみてください。

「生豆」へのこだわり

当店では「スペシャルティコーヒー」といわれる高品質のコーヒー豆を扱っております。
スペシャルティコーヒーはコーヒー生産者が情熱と愛情を込めて育て上げた本当においしいコーヒー豆です。
スペシャルティーという名の通り、生産工程に非常に大きな手間と時間がかかっており、大量生産することができません。
世界中で生産されるコーヒー豆のうちスペシャルティコーヒーの流通量はわずか数%です。

テイスティングの写真

当店では、その希少な豆の中から、実際に僕が飲んで本当においしいと思えたコーヒー豆だけを厳選して販売しています。
またコーヒーというのは農産物ですから、どれだけ高品質なものを仕入れてもその中には虫食い豆やカビ豆といわれる「欠点豆」が混入している場合があります。
この欠点豆が混入したまま焙煎してしまうとコーヒーの味に大きな影響を与える場合があるため、焙煎する前にこの欠点豆をすべて取り除く必要があります。

生豆の写真この工程を「ハンドピック」といいますが、ハンドピックはすべて手作業で、一粒ずつ丁寧に取り除くため場合によっては何時間もかかる気が遠くなるような作業ですが、おいしいコーヒーをお届けするためには絶対にかかすことのできない大切な工程です。

難しいことをたくさん申し上げましたが、すべてはおいしいコーヒーを味わっていただくためです。プロとして最高のコーヒーをお届けします。手軽においしいコーヒーを召し上がっていただくために。

おいしいコーヒーであなたの日常がより豊かになれば幸いです。